スポンサーリンク

「朝ドラ」を観なくなった人はなぜ認知症になりやすいのか 著:奥村歩

書籍

本の紹介

本日のご紹介する本は【「朝ドラ」を観なくなった人はなぜ認知症になりやすいのか】という本です。

なんで、朝ドラを観ないと認知症に!?

認知症という病気を踏まえて、紹介します!

この本の内容

認知症という病気を知っていますか?実は病気の名前ではなくて「状態」を示す言葉なんです。

認知症状態の原因はさまざまあるのが、現状ですが、いまだに原因を治すことができる薬ができていないのがつらいですね。

たまにニュースでも、認知症の方が、行方不明や車の操作を誤る、暴力事件を起こしてしまうなど悩ましいことが起きています。

ちなみに、ただの物忘れと認知症では症状が異なります。一例を書きます

物忘れで起こること認知症で起こること
昨日の晩御飯が思い出せない晩御飯を食べたことを覚えていない
お金の計算に時間がかかる小銭で支払えなくなる(計算できない)
おしゃれに興味が無くなる服の着方がわからなくなる

 

この本では、

認知症がどのような状態であり、どのような方がなりやすいタイプなのか、今からできる認知症予防とは何か。このような事を学ぶことができます。
著書の奥村歩先生は今までに10万人以上の脳を診断することで、認知症になりやすいタイプには特徴があることが分かったそうです。
下になりやすいタイプをまとめます。
当てはまったら、すぐにこの本を買って認知症を予防しましょう!
  1. 日本人!
    これは海外の人と比べるとという意味です。日本人はまじめで几帳面という性格が認知症にとってはよくないとのこと。
  2. 頑固な人、意思が強い人、恥ずかしがりやな人
    認知症は本人が気づかず進み、他人が気づくケースが多いですが、このような人達は、認知症を否定し、病院にいかないため悪化する傾向になるとのこと
  3. 常に焦ってしまう人
    脳が休む暇がない人は、認知症になりやすいかもしれません。
  4. 太っている人
    血管が汚れていると、脳の血管が詰まり、認知症だけでなく、脳梗塞などの原因にも
  5. お役所、学校などの公務員
    ストレスが多い仕事は脳の負担がすごいです。
  6. 男の人や寡黙な人
    コミュニケーションが不足している人は、脳の衰えが早くなるかもしれません。
わたしも、当てはまることばかりでこの本を早く読んでよかった。
予防法を試すと脳がすっきりする感じがわかりました!

この本からわかること

  • 認知症という症状について
  • 認知症の予防法
  • 周りの人でなりそうなタイプがわかる

すべてを書くことはできませんが、認知症になると、自身だけでなく、周りの家族にも大きな心配や負担をかけてしまうことになります。現在、根治は難しく、対症療法で症状の進行を抑えることしかできません。早く対策できるなら、それはうれしいですよね!

是非、この本に興味をもっていただけたら購入お願いします。
今読んでほしい本です。

その他

楽しんで読んでいただけたでしょうか。

認知症は怖いですが、しっかり理解して、周りの人の助けになりましょう!

質問などあれば、お問い合わせお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました