スポンサーリンク

スマホ人生戦略 著:堀江貴文

ビジネス

自己紹介

こんにちわ 薬剤師免許持ちのサラリーマン たくちゃんです。
資格勉強が好きで、いろんな分野の資格や認定を勉強しています。
コロナウイルスの在宅期間に、読書の楽しさに目覚めました!
今日も、おすすめ読書を紹介していきます!

本日の読書

本日の読書は「スマホ人生戦略 著:堀江貴文」です。

「スマホ人生戦略」ってどんな本?

今や、スマートフォン(スマホ)は無くてはならない存在になりました。
ひと昔前だと、高度な作業はパソコンを使用し、携帯は外出時に簡単な操作ができれば十分という認識でした。しかし、現代では、スマホはパソコンより遥かに性能が良くなっているものもあり、持ち運びできる小さなパソコンという位置づけに来ています。

この「スマホ人生戦略」の中では、著:堀江さんは「パソコンは必要ない、スマホがあれば十分」であるという内容で本を書かれています。パソコンが必要ではない理由を含め、35個のスマホが人生を如何に有意義なものにしてくれるかを、解説してくれているのがこの本です。

もうパソコンは必要ない!スマホが人生を輝かせてくれる!
スマホをどれだけ使いこなせるかが、今後の人間の課題だ!
ちなみに、スマホってなんだかご存じですか?
簡単なイメージは、ポケットに入るくらいの大きさで、画面を指で触って操作する携帯です。
具体的な定義は異なりますが、テストに出るわけでもないので、簡単でOK!
現在のスマホはアンドロイド携帯かiPhoneの2極化になっています。
この二つの違いは、携帯の操作のもとになるOSという部分が違うことや、アプリの種類が違うくらいに思ってください。
海外では安さ重視で、アンドロイドが売れており、日本ではブランド力で、iPhoneが半数以上売れています。海外では日本人のiPhoneは盗難の的になるので、注意が必要です!本の中で、スマホは最新のものを選べとありますが、個人的には
アンドロイドもiPhoneも一長一短なので、選ぶポイントは好みかなと思います。
私はiPhoneしか使用したことがないので、また聞きの知識ですが
アンドロイドは結構自由に設定とかをいじることができるそうですが
iPhoneはそのあたりは厳しいですね。

著者はどんな人?

著者は堀江貴文さんです。(通称ホリエモン)
東京大学に在学中にインターネット事業で企業(後のライブドア)
プロ野球球団の買収やテレビ局の買収など、猛烈な活動を行い「時代の寵児」と言われていた。
昔から興味があることには、どはまりする人だったそう、今でもパワフルに活動しているのが印象的な方です。
いつでも存在感があり、SNSなどでの影響力も大きい堀江さんですが、証券取引法違反容疑による逮捕されている経歴もあり、波乱万丈は人生を歩んでおられます。
賛否両論はあると思いますが、堀江さんのように、有言実行、思い立ったが吉日即行動できるタイプは今後、この日本にどのような影響を与えてくれるのか楽しみです。

著者はだれもが知っているホリエモンだよ!

この本のおすすめポイント

今や、一人一台持っているスマホですが、完全に使いこなしていますか?
使いこなすといっても、機能を隅々まで知っているとか、アプリが1000個入っているとか
そういうことではありません。

貴方がやりたいと思ったことがすぐできる状態にできていますか?

ということです。
スマホがあるなら、読みましょう。可能性を探しましょう。別に必要ないさ そういわないで。
読めば貴方の人生の可能性が増えるかもしれませんよ?

この本をおすすめする人

  1. スマホを持っている人
  2. ホリエモンを知っている人
  3. スマホの可能性を知りたい人
  4. 起業したいや海外に行きたい、時短術を知りたい人
  5. いま何もする気がない人

最後に

本日は「スマホ人生戦略」を読みました。正直ホリエモンさんは好きではなかったです。例えるなら、クラスの目立ちたがり屋で、いつもうるさくてこっちの事情なんて無視して、話してくるうざいクラスメイト。という感じすね。テレビやTwitterでもバンバン意見を言っておられます。今思うと、嫉妬もあった気がします。人間どうしても、一歩を踏み出せないときがあると思いますが、ホリエモンさんはすぐに超えていくでしょう。この本を読むと、さらにそう感じます。いま私も、サラリーマンからサラリーマンブロガーに一歩踏み出してみました。私からしたら大冒険ですが、人から見たらまだまだかもしれません。こんなパワーのある本に出合えてよかったです。

新生活をおトクに♪最大121,000円キャッシュバック実施中!さらに初期工事費が実質無料!【auひかり】

これからの時代に必要な食知識を学ぼう『食セルフケア』







コメント

タイトルとURLをコピーしました